「安楽平(荒平)城」福岡市の戦国山城、ぶっちゃけマイナーな城の方が面白い。

福岡で城といえば福岡城なんだけれど、あれって実践を経てないからドラマがないというか、拙者のような愚民が胸を躍らせるようなエピソードがないんですよね。けど、今回紹介する山城は落城してるからね、龍造寺隆信に攻められて。ドラマがあるんですよ、この城には。

福岡市早良区にある大規模な山城

戦国時代、現在の福岡市は筑前という国の一部だったんだけれども、この筑前という国は貿易港である博多と九州における政治の中心地である大宰府を擁する、政治経済の要地であったわけでありまして、本州から進出してきた大内氏、のちに毛利氏と、地場の守護大名である少弐氏、後に肥前の龍造寺氏、そして九州の王とも言われた豊前の大友氏がその支配を巡って争った地なのです。

安楽平城(荒平城)

福岡市というか、筑前南部。肥前との国境を守る要衝、安楽平(あらひら)城。1462年に周防山口の大内氏配下の飯田幸松丸によって築かれたと伝わる城。筑前を大友氏が支配するようになると、博多を望む立花山、大宰府の宝満山などとともに筑前五城に数えられる大規模な山城として整備されました。

搦め手にあたる城原地区へ降りる途中、城主の小田部鎮元が自刃したと伝わる場所。

この城は戦国末期、大友氏が支配する頃には小田部氏の居城となり、肥前佐賀から山を越えて侵攻してきた龍造寺隆信の攻撃により落城しました。大門や城原といった地名が今も残り、当時の面影を今に留めています。

本丸、主郭部。

福岡市早良区と南区の間にある荒平山山頂部、尾根を利用して築かれた山城。堀切や曲輪、石垣、切岸などの遺構が綺麗にのこる大きな城です。

切岸と馬蹄状の曲輪

構造としては主郭、二の丸、三の丸に別れ、それぞれ複数の曲輪を持つ連郭式の山城。中世の城だけに、江戸時代などの近世の城と違い石垣は殆どありません。堀、斜面を削った急斜面の切岸、土を持った土塁などで構成される土の城。これこそが戦国のリアルなお城。

尾根道を絶ち切る大きな堀切

地域一帯を戦場にして大規模な城攻めが行われたらしく、辺りには隠れていた女衆が見つかり惨殺されたと伝わる岩や、龍造寺勢が武具を洗い赤く染まったという大刀洗の瀬がなまって「たたらせ」と呼ばれる河原などが残っています。

発掘調査は行われていないようで、城跡を掘ると陶器の破片や瓦が出土することもあるそうです。

マイナーな城がステキ

三の丸に残る石垣

日本100名城とかさ、九州だと熊本城なんかが有名なんだけど、いまいち興味が湧かないというか面白味がないんですよね。あの辺はもう豊臣秀吉の時代から江戸時代にかけての城なので、とにかく大規模で豪華。そんな城は眩しすぎて、どうにも性に合わない。

拙者がもっぱら興味を持つのは、山の中でひっそりと苔むす山城であったりとか、地方の国人がその存亡を託した城の遺構であったりとか、ある目的のためだけに特化された使い捨ての城であったりとか、とにかく戦国時代の城。

限られた人員と財力。その中で精一杯の工夫を詰め込んで、一族の命運を託した城。ほとんどが名も知られず、日の目を見ない城。そんな城が好きなんだよね。

主郭からの眺め。

安楽平山頂、城の主郭部から見た風景。眼下いっぱいに龍造寺軍が展開し、この城を攻めていたんです。当時の兵士たちは、どのような思いでこの景色を見ていたんでしょうね。

歴史の中に埋もれた人々、彼らと同じ場所に立ち、同じ方向を見ている瞬間。歴史の繋がりというか、連続性をリアルに感じる事が出来る。城跡だけじゃないんだよね、この繋がりを感じることが楽しいのです。

ということで、この城拙者が運営する別のブログで豊富な写真を使って記事を書いてるので、興味があったらぜひ。

外部リンク:「安楽平城跡」どこより詳しく紹介!!屋敷跡も残る福岡市の大規模戦国城

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA