• HOME
  • ブログ
  • 思うこと
  • 貧乏な僕たちは新型コロナで緊急事態でも仕事に行くけども、まだ恵まれてるのかもしれない。

貧乏な僕たちは新型コロナで緊急事態でも仕事に行くけども、まだ恵まれてるのかもしれない。

拙者が住まう福岡県にも新型コロナウィルス感染症の拡大に伴って、緊急事態宣言がなされた模様。底辺で暮らす我々にとって、ここ最近の大騒ぎっぷりは無縁だったというか、あまり関りのない異世界での出来事のように感じていたけども、この何も変わらない生活ができること自体が恵まれているのかもしれない。

例えイベントが中止になっても……

そもそも貧乏なので、イベントなんて行かないんですよ。食関連のイベントなんてさ、具体的に言うと肉フェスとか、メッチャ行ってみたいけれども、行ったところでテナントのフードメニューはみんな高いじゃないですか。500円とか1000円とか。そんなお金があるのなら、昼食抜かずに昼の弁当を買いますよ。普段は昼を食べるお金がないので、398弁当でも十分ご馳走なのです。

そもそも娯楽にそんなお金を気軽に使える生活をしていないので、自粛とかいわれても何の関係もないんです。

スポーツを楽しめるほど裕福じゃない……

今日を、明日を生きるので精いっぱい。滞納している年金やらなんやらの請求書だらけ、日々どう暮らしていくのかで頭が一杯。オリンピック!? 何それ、美味しいの⁉ いいね、跳んで走ってりゃ金になるんだから。

プロ野球、サッカー……いいね、遊びも極めればお金になるんだ。もっと真剣に遊んどけばよかったとは思うけど、他人が遊んでるの見て何が楽しいのかよく分かんねぇ。それより労働、労働しなきゃ食っていけないのよ。

不要不急の外出自粛

お金がないので近所の安売りスーパーとドラッグストア、ディスカウントストア、たま~にワークマン以外へ、生活物資の買い出しに行く以外での外出はしません、てか、バス代や地下鉄代ももったいないので日頃から不要不急の外出なんてしないもん。

仕事は自営、しかも宅配ですからね、新型コロナの影響なんて皆無。ということで、世界中の大騒ぎを横目に何も変わらない生活を送っていて、自分には全く関係ない出来事だと思っていた。

けどね、ふと思ったんだけど、飲食店や小売、サービス関連の経営者や働く人なんかは、シャレにならない影響を受けている人もいるんだろうなぁと、ふと考えたんだよね。緊急事態宣言で店を閉める、街から人が消える、その影響を受ける施設。そこで働く従業員、企業ならまだいいだろうけど個人商店なんて大変だろうなあ……

この騒動にのっかって、笑いが止まらないくらい儲かってる業界もあるのだろうけども。

それ以上にどん底に落ちて絶望している人も居るんじゃないかと思うと、今日もまたアマゾンフレックスなんて仕事ができる自分は、まだ恵まれているのかもしれないと思った。

だからと言って、底辺での貧乏暮らしが幸せだとは思わないけども……

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA