貧乏人はやっぱりバカなんだなぁと思った。

ブクマするのを忘れてしまって分かんなくなったんだけど、とあるブログを見て、やっぱ貧乏人ってバカなんだなとおもった。

どんな内容だったかというと、うろ覚えなんだけども、週5のパートタイマーとして働くブログ主。その月収が15万くらいで、生活保護が13万くらい貰えるなら働いても働かなくてもほとんど変わらないじゃないかと不満をタラタラ書き綴っていた。ほんとグチを書き殴ったような記事、まあ、何を書こうが自由だけど。

ようするに、生活保護でパチンコしたり、医療費が無料だったり、「なんだよ働く気がなくなるじゃないか」ということが言いたかったらしい。

ほんとバカだな「そんなだから貧乏なんだよ」と言いたくなる。真面目に働くなんて道徳的には美徳なのかもしれないけど、それが正しいかと問われるとそうとも言えず、この人の場合は自分が選んで不本意な生活をしているにもかかわらず、その事を他人のせいにして、実際にどんな暮らしをしているのか分からない相手を「自分の思い込み」で勝手に羨み、妬み、罵倒しているわけ。

世の中ズルをしようが何だろうが、考えて工夫して行動したやつの勝ちというのが現実で、ただ真面目という道徳観念にしがみついて、考えず工夫せず行動せず、日々一生懸命生きている振りをしてたんじゃ、生活保護で暮らす人を羨むような状況になるのも当たり前。

生活保護受給者をどうこう言ってる暇があるのなら、自分が生活保護を受けることを考える方がよほどマシなんじゃないかと思う。

現状に不満があってそこから抜け出そうと思うのなら、人を妬む前に自分の環境を変える行動をするべきで、世の中急に変われないというか、投資もせずにリターンがあるはずもなく、貧乏人にはお金がないのだから、投資するものは時間と労働力だけなので、それで結果を得るためには何年も継続して時間と労働力を投資し続け、小さな積み木を積み上げて巨大ビルを作るくらいの覚悟でやるしかない。

この記事を書くきっかけになったブログの筆者が、生活保護が13万だとかパチンコやってるだとか、どうせネットで拾ってきた情報なんだろうけども、そんな情報を見ている暇があるのなら、その時間を何に使うべきかをよく考えたほうが良い。

行動しろというと「時間がない」とか、貧乏暇無しなんて答える人もいるけども、実際に時間を作ろうと思えば作れるもので、それこそ仕事から帰ってから寝るまでの時間は何をしているのかとか、休日は何をしているのかとか、テレビを見るとか、スマホを見てるとか、自分の未来になんの役にも立たないようなことで無為に過ごしている時間を見つけ出し、自分のために使える時間を捻出し、その時間で何かをやって時間と労力を投資して、未来のために行動を起こすべきなんだよ。

私も貧乏なのでバカだけども、バカはバカなりに工夫をして5年後、10年後には今よりもよくなるように空いた時間を活用したりしている。そのために就職先も考えて残業ゼロの職場を選んだし、仕事以外の時間を将来への活動に使えるよう工夫したり、時々サボッしまうけども……それでも継続して何かをし続ける、今を変える努力は出来る限りやってるつもり。

人の事をとやかく言っても何にも変わらない、不満があるのなら他人のせいにせず、自分がまず変わるべきなんじゃなかろうか。

そんなことにすら気づかずに、人を妬んだり羨んだり、あるいは貧乏を社会のせいにしたり。やっぱ貧乏人はバカなんだろう、間違いない。

と、人の事をつらつら書き連ねて、やってますアピールをする私もバカなのだ、間違いない。だって貧乏だもの。

The following two tabs change content below.
筆者は中卒の貧困中年で、非正規負け組のド底辺に生息。 世の中には偉い人や頭のいい人のブログが溢れているけども、ここはバカで低能で低学歴で貧乏で、どうしようもない負け犬中年が創り出したブログの世界。 バカの頭の中がどうなっているのか、偉い人や賢い人の参考になれば…嬉しいかな。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA