【広川町】『こふんピア広川』古墳の石室も見学できる広川町古墳公園に建つ資料館

福岡県八女郡広川町。ここに面白そうな古墳公園があると聞いて、行ってきたのが「こふんピア広川」広川町古墳公園とその資料館。ここは出土品などを紹介する資料館と、実物の古墳を同時に楽しめるスポットで、僕は古墳好きではないけれど、十分に楽しめました。

こふんピア広川(広川町古墳公園資料館)

福岡県の南部に八女古墳群といわれる古墳が沢山みつかっている場所があるのだけれども、300基以上あると言われる八女古墳群の中から「石人山」と「弘化谷」という二つの古墳を中心に整備された広川町古墳公園と、その中に建つ資料館に行ってきました。

資料館の入館は無料、公園内の古墳からの出土品を中心に広川町内で発掘された出土品を展示する展示室がある資料館です。

入口から入ってまず最初に目に留まるのが、このカラフルな石室のレプリカ。公園内にある弘化谷古墳の石室に描かれた壁画のコピーです。この図柄は非常に特徴的で地域性が高く、肥後(現在の熊本)地方にみられるものだとか。

こちらが資料館の展示室、埴輪や土器、甕棺など、古墳からの出土品だけでなく広川町内で発掘されたもの展示されています。

全体的に子供でも分かりやすくするための解説がなされていて、さらに、古代日本人の食生活なども紹介されていました。

展示の中央でひときわ目立っているのが、公園内の石人山古墳の埋葬されていた石棺の蓋の模型。

この蓋には現代でも通用するような美しい文様が刻まれていました。意味は……分かるわけがないですよね。

展示の中心は甕棺や土器、埴輪といった焼き物が中心。

石人山古墳の名前の元にもなった、石で作られた武人像の解説。この石像は触るとご利益があるとされていて、いろんな人が触りに来たため彫刻部分がほとんどなくなっているそうで、過去に描かれた絵図が紹介されていました。時代が下るにつれ、彫刻が削れて無くなっていく様子がよく分かります。

公園内にある弘化谷古墳の模型と思いきや、同じ広川町にある大塚1号墳のもの。この古墳は、一つの墳墓に二つの石室があるというとても珍しいもの。

埴輪など焼き物の破片があり、実物を触れるようになっていました。

同じ町内の岩坪石棺から出土した弥生人の人骨の展示もあり、この人骨は女性とみられていて一体の頭蓋骨には癌の痕跡も確認されたそうです。

馬具や武器、甲冑などの金蔵苦製品や、埋葬された人が身に着けていた装飾品の展示。

発掘時の状況を写真で説明したパネルなどもあり、展示されている出土品がどういう状況で埋まっていたのかがよく分かるようになっていました。

石人山古墳

資料館から出て、公園内の古墳を見学に行きます。目の前のこんもりした山が石人山古墳です。

石人山古墳は5世紀に作られた八女地方で最古の前方後円墳、全長120メートルと大きいのですが、木が生い茂っているためにパッと見ても形が分かりにくいのが残念。この古墳には九州の広い範囲を支配した筑紫君磐井(つくしのきみいわい)の祖父が埋葬されているのではないかと言われています。

方形部分の端から古墳を見学するための通路が用意されていて、石人や石室を見学することが出来ます。

階段を登って通路の先に見える建屋が、ちょうど方形と円形の境目、くびれの部分です。

建屋の中には古墳を守るように立つ石人、甲冑を身に着けた武人の石像がありました。自分の身体の悪い部位と同じ場所を叩くと病が治るといわれ、多くの人がご利益を求めて叩いたために表面の彫刻が削り取られてしまったそうです。

石人から更に奥、古墳の円形部分にある建屋。ここが石室の場所です。

ここからは内部の石室を見学できるようになっていて、当時の埋葬状況がよく分かるようになっていました。

弘化谷古墳

続いて弘化谷古墳、ここまでの途中で階段あがあります。古墳のすぐ側にも駐車場があるので、一度資料館に戻ってから自動車で向かうのもいいかもしれません。

この古墳は石室に鍵が欠けられていて、一般に公開はされていません。この中には資料館にあったカラフルな壁画が描かれている石室が保存されています。弘化谷古墳は6世紀中ごろに作られた古墳ですが、同じ公園内にある石人山古墳とは明らかに異なったスタイルの古墳です。

この地域は6世紀前半に大和朝廷に対する反乱「磐井の乱」の首謀者である筑紫君磐井が治めた地域で、ちょうど石人山古墳と弘化谷古墳の間に乱が起きて筑紫君磐井が討たれています。この古墳の違いは、この乱の後で何かがあったのではないかと推測できるわけで、古代人が築いた古墳の上で過去の出来事に想いを馳せてみるのも面白いですよね。

弘化谷古墳頂上からの眺め、のどかな風景でした。

こふんピア広川の情報

『こふんピア広川』

住所・地図:福岡県八女郡広川町大字一條1436番地2(Googleマップへ)

※この記事の情報は、僕が訪問した時のものです。最新のものではありませんので、詳しくはご自身で最新情報を確認してください。

  • 入館無料
  • 定休日あり
  • 無料駐車場あり

詳しくは広川町のサイトでご確認ください↓
>>広川町公式サイト(こふんピア広川)

関連記事一覧

  1. 【久留米市】『有馬記念館』久留米(篠山)城本丸跡に建つ歴史資料館

  2. 【福岡市】『板付遺跡弥生館』弥生時代初期の水田と環濠集落遺跡と展示館

  3. 【福岡市】『福岡市博物館』福岡の歴史を知るならココ、展示品も多くて見応え十分

  4. 『五郎山古墳館』古墳内部を完全再現した部屋が圧巻!!福岡県筑紫野市にある歴史館

  5. 【福岡市】『石塁遺構展示室』福岡市博多区に残る元寇防塁跡!?が見学できる博多小学校地下の展示室。